takosute(タコステ) 2015年10月

ウリ


厨房屋さんからの依頼でオーブントレーのラックを制作

元請けさん曰く「市内の洋菓子屋さんで

焼きあがった製品を大量に置いとくラックがほしい」とのこと。

厨房内はスペースが限られているらしく

床にラックを置くスペースがないため

コールドテーブル?作業台?の上に置くようなカタチで使用するみたい(゚∀゚ )☟



ってことで高さ(H)は1255㎜程度、巾(W)380㎜、奥行(D)460㎜と

奥に長いカタチで制作。

現在はホームセンターかどこかで購入した棚を使用しているみたいだけど

今回は省スペースに棚板12段置くことが可能なんで

今よりも相当効率よく作業できるんじゃないかな(*´∀`*)

さらに後ろ側☟

DSC00866.jpg

置いたラックの後ろは戸があるということで

トレーがラックの後ろにいかないように

棚板の後部を立ち上げてストッパーになるように加工( ̄^ ̄)ゞ


「こういった一点モノ制作」ってまさにウチの「売り」だよねv(o゚∀゚o)v


話は変わって今週末「第11回 くらふとフェア蒲郡2015」に参戦!

「ステンレス工房 TAKOSUTE」は97番

で会場のほぼ真ん中あたりでーす(´ω`人)

現時点で週末の天気はなんとか良さそうなので

お暇な方は是非遊びに来てください(*´∀`人 ♪

-hide-

浜松 ステンレス
スポンサーサイト

親世代モノ


市内東区で改修中の現場

新しく「お蕎麦屋さん」になるとのこと☟



今回も?厨房内のSUS張り(*´∀`*)

施工前☟

DSC00843.jpg

DSC00844.jpg

あっピンボケ( ̄▽ ̄;)因みに画像レンジフードは

改修前の居酒屋さんの時のモノを移設もせず

そのまま使用するらしい。

作業前にそのフードを ちょこっと見てみたんだけど

(造り方とか取り付け方なんか気になるんだよねぇ)

おそらく自分の親世代が制作・取り付けをしたモノだと思う!

実は ただの箱型レンジフードでも制作会社によって

造りとか磨き方が微妙に違うからなんとなく分かるんだよね(^∇^)

ごく稀にこういったことがあるんだけど

なんか嬉しいような照れるような

なんとも言えない不思議な気持ちになるよね(ノω`*)ノ

施工後☟

DSC00851.jpg

DSC00852.jpg

あっ逆光(;´Д`A

画像の光の先には☟

DSC00847.jpg

「蕎麦打ち場」があって店内から見えるようになってた(*’U`*)

工事中につき乱雑だけどね…

-hide-

浜松 ステンレス

面台


市内北区?浜北区?で建設中の現場☟



何の加工工場かは聞かなかったけど

ここ最近 工業の街 浜松もこういった工業系工場の

建設って めっきり減ったような…寂しい(´;ω;`)

作業場内にある手洗い場にSUS張り

施工前☟

DSC00830.jpg

施工後☟

DSC00834.jpg

その他にも手洗い場の上部分に面台の制作からの取付

施工前☟

DSC00836.jpg


施工後☟

DSC00837.jpg

白いボードの上に白い養生の面台で分かりづらい画像に(;^ω^)

よく見るとこんな感じ☟

DSC00840.jpg

もちろんSUS製なんでイイ感じなんだけど…

まだいろいろと工事もあって さずがに養生は剥がせず(T_T)

お手洗いや手洗い場の面台って

さり気なくてイイんだよねぇ((^∀^*))

-hide-

浜松 ステンレス

排水溝


建築金物屋さんから排水溝加工の依頼

とある酒屋さんの改修で新しく「出入り口」を造るらしく

そこの排水溝を加工(^-^)/

元請けさんが持ってきた既製のグレーチング枠☟



排水桝を造って この内側に取付けるんだけど

まずはSUS板を断裁☟

DSC00823.jpg

次に四方を立ち上げて角部を溶接☟

DSC00824.jpg

この排水桝を枠に溶接して完成☟

DSC00826.jpg

逆さにすると☟

DSC00828.jpg

画像からは分かりづらいんだけど

手前~奥にかけて高低差20ミリついてます(○・_ゝ・○)ノ


今年はここ浜松でも大雨で浸水被害がでたところもあるから

こういった「出入り口の排水溝」必要かもね…

でも この大きさだと さすがに この前のような

大量の水は排水しきれないと思うけど(;´Д`A

-hide-

浜松 ステンレス

ちょっとした仕事


食品機械設計製作販売の元請さんから ちょっとした依頼

元請けさんウチの加工場来るなり

「SUSの切り板に これ☟付けて」と一言(^-^;



機械に設置するファンをコレ☝に替えたいんだけど

サイズが合わないので切り板で調節らしい。

説明されてもよく分かんなかったんでとりあえず

指定されたサイズに板を断裁☟

DSC00791.jpg

からのファンの羽とビス穴を開口☟

DSC00792.jpg

ファンを取り付けると☟

DSC00793.jpg

DSC00794.jpg

完成してみると なんとなく納得

切り板にファンを付けて それを機械に取付けるってことね( ^ω^ )

以上ちょっとした仕事でした( ̄^ ̄)ゞ

-hide-

浜松 ステンレス

移動作業台


食品関係の機械屋さんから

移動作業台の制作依頼(゚∀゚ )

厚み3㎜のアングルで骨組みを加工☟



スノコ部を加工☟

DSC00808.jpg

スノコは厚さ6㎜のフラットバーを縦に溶接付け☟

DSC00810.jpg

元請けさんから「頑丈に」とのことで

下地に2㎜の板を溶接☟

DSC00809.jpg

その上に化粧天板を被せてほぼ完成☟

DSC00812.jpg

100㎜パイのキャスター☟

DSC00811.jpg

当然SUS製なんだけど今回の材料費の1/3はキャスター代Σ(ω |||)

キャスターって高いね( ̄▽ ̄;)

取り付けて完成☟

DSC00813.jpg

いかにも食品関係加工工場で使用されてそうな

重厚感ある作業台できたかな(ノ´▽`*)b☆

-hide-

浜松 ステンレス

蒲郡

クラフトイベントのお知らせ\(^o^)/

「第11回くらふとフェア蒲郡2015」に参戦☟



ホントは去年よりも多く参戦する予定だったんだけど

このイベント参戦で今年は終了・゚・(つД`)・゚・

結局去年よりも参戦数「減」に…

イベントの申し込みって早いとこだと

半年前から受付があって本職との兼ね合いから

決めあぐねちゃうんだよねぇ( ̄▽ ̄;)

故に参戦したいイベントに参戦できない(。´・(ェ)・)


ちょうど今 時間あるし新しい什器でも作ろっかな(」*´∇`)」

-hide-

浜松 ステンレス

修理


厨房機器メーカーさんから修理の依頼☟



何の部品か詳しく聞かなかったけど

一体何の部品なんだろ┐(´-`)┌

角パイプのフランジ部分が…☟

DSC00797.jpg

DSC00798.jpg

劣化して溶接がとれちゃった(;д;) 

ってことで これを溶接し治します(^-^)/

なかなか腐食が激しそうなんで

とりあえず溶接箇所を磨く☟

DSC00802.jpg

素材自体の腐蝕は特にナシ!

「磨けば元通り」そこがSUSのイイとこだね.゚+.(・∀・)゚+.


修理前☟

DSC00796.jpg

修理後☟

DSC00803.jpg

DSC00804.jpg

元請けさんから「ガッチリ溶接しといて」ってことなので

裏、表両方から溶接(゚∀゚ )

自分の予想としてはこの部品

何かの機器の配水管だと思うけど

角パイプの配管って珍しいなぁ(*´~`*)

-hide-

浜松 ステンレス
takosuteカウンター
ようこそ あなたは
プロフィール

takosute

Author:takosute
ニックネーム hide
性別     男性
血液型     O型
出身地    静岡県 
ブログに書いていること 
主にステンレス関係

カテゴリ
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR