takosute(タコステ) 2017年04月

真相やいかに


厨房屋さんからSUS張りの依頼。

現場は静岡市街☟



DSC01667.jpg

県庁や市役所、銀行等も近くにあるからか

メイン通りではないんだけど人の往来が激しくて

先週に続き街中は何かと気を遣うね(⌒-⌒; )

SUS張り施工☟

DSC01672.jpg

元請さんからは「焼き鳥屋さん」になるとのことだけど

店内は薄暗くてお洒落&シックな造り☟

DSC01671.jpg

通りかかった人が数人店内を覗き込んで

「何屋さんになるの??」と聞かれたけど

「焼き鳥屋さんらしいですよ」って答えると

「へぇお洒落なお店だね」と興味津々な様子だったな(*´∀`*)

それにしても最近

「静岡市は市民数低下で問題」的なことを

テレビで見かけたけど街中は人も多く活気もあって

正直浜松より よっぽど良い状態に思えるけど…

実際はどうなんでしょ(・・?

-hide-

浜松 ステンレス
スポンサーサイト

あっぶねぇ!


先週「吊り棒工事」を施工した豊田市の現場。

その後現場では屋根ができて

天井の下地が完成したということで

天井板を貼られる前に位置確認と

「ブレ止め」をしに再び豊田市へ☟



先週の青空状態から比べると

だいぶ「らしく」なった感じ(*´∀`*)

作業を始めると…

6台分のレンジフード吊り棒のうち

2台分の位置がズレていることが判明Σ(゚д゚;)

慌てて吊り直し。( ´゚,_」゚)ヒッシダナ

ダクト、配管、電線、天井下地etc…

屋根裏には既にいろんなモノが埋設されていて

狭いったらありゃしない(;´д`)

せっかく屋根前に施工したのに これじゃあ意味がない(⌒-⌒; )

まぁレンジフード取り付け本番で「真っ青Σ(゚д゚lll)」

っていう1番最悪の展開は避けれたから( ノ゚Д゚) よし!としよう。

-hide-

浜松 ステンレス

ご迷惑おかけしますm(_ _)m


厨房メーカーさんから出張溶接の依頼。

現場は浜松駅中心街にある居酒屋さん☟



厨房内の厨房機器修理かと思いきや…

建物脇にあるSUS製のゴミ箱の修理☟

DSC01655.jpg

建物の形に合わせて制作されている特注品で

敷地ギリギリに設置されているため

公道に はみ出る形での作業(⌒-⌒; )

道幅が狭い脇道的な道路だったんだけど

目の前が駐車場で車の往来がそこそこあって

結構御迷惑掛けてしまった(>人<;)

施工前☟

DSC01653.jpg

右端横桟の溶接が取れて 下にズレて

下の扉の開閉ができなくなってしまった様子。

ゴミ箱自体が屋外に晒されてる状態なんで

「経年劣化」といった感じかなぁ

施工後☟

DSC01657.jpg

屋外だったんで見栄えを無視して

表からガッツリ溶接(*´∀`*)

これなら外れることなし!だね

-hide-

浜松 ステンレス

筋肉痛


建築金物屋さんからレンジフード取り付けに伴う「吊り棒工事」の依頼。

現場は愛知県豊田市☟



全国展開している回転寿司屋さんを建設中。

店内の様子は☟

DSC01645.jpg

屋根を施工する前の状態(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-

なかなか普通じゃ見れない感じ!

ウチは仕上げ施工が多いんで こういった状態で

現場に入るのが久しぶり。

以外にも電気屋さんやダクト屋さん、配管屋さんが

わらわらと作業していて ある意味賑やか(⌒-⌒; )

そんな中レンジフードを吊るための吊りボルトを

梁から吊り下げてきました。

脚立の上り下りや 上をずっと見上げての作業で

翌日から足が筋肉痛&首イタ(→o←)ゞ

慣れない作業って疲れるね(^◇^;)

-hide-

浜松 ステンレス

激落ち!


食品機械設計製作販売の元請さんから溶接修理の依頼。

片手鍋の取っ手がっ|゚Д゚)))☟



DSC01636.jpg


ってことで取っ手を溶接修理。

まずは溶接部分の汚れをとります☟

DSC01637.jpg

取っ手付近だけきれいにするつもりだったんだけど

コベリり付いていた汚れがあまりにも気持ち良く落ちるんで

思わず全体的に磨いちゃった(⌒-⌒; )☟

修理後☟

DSC01640.jpg

DSC01642.jpg

「ガッツリ溶接しといて!」ってことだったんで

それなりにガッツリやらせてもらいましたヽ(*^ω^*)ノ

-hide-

浜松 ステンレス

架台改造


食品機械設計製作販売の元請さんから「架台改造」の依頼。

改造前の架台☟



造りは厚さ6㎜の50×50のアングルで制作されていてかなりの重量。

重い…ってか┗(;´Д`)┛超おもてぇ

この架台を高さ450㎜程高くして

さらに後ろの脚を170㎜程前に改造。

制作中途中☟

DSC01627.jpg

逆さにした状態で仮止め。

DSC01628.jpg

脚もこんな感じで継ぎ足し。

ウチは基本的に薄物がメインで作業しているんで

こういった重量物は慣れてないんだよね…

横にしたり ひっくり返したりが一苦労(;´Д`A

そういった設備もないんで基本人力だし…

完成☟

DSC01632.jpg

脚 継ぎ足し部☟

DSC01629.jpg

なんとか完成( ^∀^)

どういった機械が載るのかは知らないけど

こんな重量のある架台に載る機械って

そうとうな重さなんだろうねぇ( ̄▽ ̄;)

「餅は餅屋」やっぱウチは軽量専門かなぁ(^Д^)

-hide-

浜松 ステンレス


厨房屋さんから厨房SUS製品修理の依頼。

持ち込んできたのはサーバー台☟



天板の右側にサーバー(冷水機)か何かを設置して

左側に余った飲み物や氷等を流す浅いシンク的なモノを備えている台。

そこのシンク側に☟

DSC01614.jpg

ポツポツと劣化のようなものがあって

よくみると☟

DSC01616.jpg

アチャー(´△`)穴が…しかも あちこちに4箇所も…

ってことで今回はこの穴埋め修理いってみよー( ^∀^)

まずは穴埋め溶接☟

DSC01618.jpg

しつこく溶接すると逆に穴が大きくなるので

様子を見ながら慎重に溶接。

平に研磨して終了☟

DSC01622.jpg

画像写りは良すぎだけどパッと見て分からない程度にはなったかな( ^∀^)

画像でも分かるように何か劇薬的なモノが掛かったみたいに他の所も

SUS表面が浸食されていて、元請さんも「なんだろうねぇ??」だって(⌒-⌒; )

他社製品だったんで「やっぱウチのじゃなきゃダメだな」なんて冗談とばしといたけど

ウチはシンク制作不可なんで外注なんだけどね(๑≧౪≦)

-hide-

浜松 ステンレス

オリジナル天板ラック


厨房屋さんから「天板ラック」制作の依頼。

ユーザーさんは「焼き菓子屋」さんらしく

生産向上のため、今回新たにオーブンを導入するとのことで

それに伴い「天板ラック」制作になりました( ^∀^)

制作過程☟



L型金具の個数が多くて細かな作業なんだよね(⌒-⌒; )

完成品☟

DSC01608.jpg

基本「天板ラック」はFL(床)から200㎜程度~目線の高さ

ぐらいが一般的なんだけど

今回はユーザーさんの要望でFL(床)~600㎜の高さまでに

ゴミ箱を置きたいとのことで、ラックはナシ。

ってことで600㎜~1900㎜の位置にラックを取り付ける

変形なオリジナル製品に(*´∀`*)

元請さんに聞いたら 上手く収まったとのことで一安心ヽ( ̄▽ ̄)ノ

-hide-

浜松 ステンレス
takosuteカウンター
ようこそ あなたは
プロフィール

takosute

Author:takosute
ニックネーム hide
性別     男性
血液型     O型
出身地    静岡県 
ブログに書いていること 
主にステンレス関係

カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR